英語のリエゾン・リダクションとは?

 
英語では、音がつながる/消えるという現象が頻繁におこります。学校英語では、この音の変化について教えないので、知らない人がほとんどでしょう。しかし、音の変化について知らなければ、なかなかリスニングは上達しません。ぜひとも知識として押さえておきましょう。

 

リエゾン

リエゾンとは、単語と単語がつながって、ひとつの音のかたまりに変化する現象をいいます。(別名、リンキングともいいます。)

(例) far away

多くの人は「ファー・アウェイ」と発音するかもしれません。しかし、ネイティブは「ファーラウェイ」というように発音します。

far + away  →  fa / ra / way → faraway

上のように、子音Rと母音AがつながってRA(ラ)となります。結果として、「ファーラウェイ」というように聞こえるわけです。

リエゾンでは、このように子音と母音がつながるパターンが非常に多いです。

 

リダクション

リダクションとは、本来あるはずの音が消える現象をいいます。

(例) Good morning.

日本人発音では「グッド・モーニング」となります。しかし、ネイティブは「グッモーニン」というように発音します。仕組みは、以下の通りです。

(1) Good  morning → 子音dが消える → Goo morning

子音が連続すると、音が消えやすくなります。ここでは、子音のdとmが連続していて、dが消えることになります。

(2) Goo morning →  語末gが消える → Goo mornin

また、語末の子音は消えやすいという法則があるので、語末gが消えます。

結果としてGood morning「グッモーニン」というような発音になるわけです。

 

シャドーイングで音の変化に慣れる

以上の「音の変化」に対応するためには、「文字からの脱却」が必要です。

たとえば、多くの人は、学校の授業で教科書を音読させられた経験があると思います。そのとき、文字につられて、単語をひとつひとつ発音していたのではないでしょうか。たとえば、Take it easy.を、Take(テイク) it (イット)easy(イージー).というように。

そのクセが抜けていないため、ネイティブ音声を聞くと「??」となるわけです。たとえば、Take  it easy.は「テイク・イット・イージー」ではなく、実際には音が変化して「テイキティージー」というように発音しますから。

テキストの棒読みではダメなんです。

音の変化に慣れるためには、テキストを見ずに、ありのままの音声に耳を傾ける必要があります。

その方法として、シャドーイングが有効です。

 

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?