日本語と英語の発音の違い

 
※日本語と英語の発音の違いは実に様々ですが、ここでは、特にシャドーイングをするうえで重要ものに絞って解説します。

 

文字と発音の対応関係

日本語は、文字と発音が対応している言語です。たとえ漢字が読めなくても、ふりがなさえあれば誰でも発音できますよね!?これは、{あ=A、か=KA、さ=SA、・・・}というように、日本語のひらがなの文字と発音が対応しているおかげなんです。

一方、英語は、文字と発音が対応していません。「スペルはわかるが発音できない」という経験はありませんか!? たとえば、cupboardという単語。・・多くの人が間違えてカップボードと発音してしまいますが、正しくはカバー[kʌbərd]です。

このようなことがあるので、英単語を覚えるときは、スペルだけでなく、発音も覚えなくてはいけないのです。

 

アクセント(単語)

日本語にはアクセント(音の強弱)がありませんが、英単語には必ずアクセントがあります。

たとえば、futon(ふとん)という単語。

futon(ふとん)は、寝具の布団のことで日本語・英語共通の単語なのですが、発音の仕方は違います。日本語では「FU・TO・N」とひとつひとつ同じ強さで発音しますが、英語では「FU・ton」というように最初のFUを強く発音します。

外国人のしゃべる日本語がたまに聞き取りずらいのは、このようなアクセントがあるからかもしれません(^_^;) しかし、裏をかえせば、日本人がしゃべる英語はアクセントがないので、外国人にとって聞きづらい、ということにもなります・・・。

英語ではアクセントは非常に重要で、アクセントの位置を間違えると全く意味が通じないことさえあります。

 

イントネーション(文)

さらに、英語ではイントネーションが重要です。

イントネーションとは、文中における音の「抑揚」「強弱」のことです。

(例) What`s your name?(yourを強調/文末で下降)

Do you like cats?(catsを強調/文末で上昇)

英語には必ずイントネーションがありますが、日本語では少なく、どちらかといえば平坦です。ですから、日本人が英語をしゃべる時は、ついついイントネーションがなくなってしまうんですよね・・。

しかし、このようなイントネーションがないと、なかなか英語は通じません。日本人の想像以上に、英語はイントネーションを重視する言語だからです。

英語を発音するときは、文全体の中で「どこを強く発音するか」「どのような抑揚・リズムで発音するか」に注意してみてください。

 

音の変化

意外と知られていないですが、日本語と違って、英語はしょっちゅう音が変化します。

たとえば、What`s your name?は、ゆっくりスピードでは「ワッツ・ユア・ネイム?」ですが、早いスピードになると「ワッチャネイ?」と聞こえることがあります。

これは、What`s とyourがくっついて、Whatsyour(ワッチャ)という、ひとつの「音のかたまり」になっているからです。(※このように単語と単語が結びついて音が変化する現象を「リエゾン」といいます。)

このような音の変化は、特にネイティブスピードでは頻繁に起こります。慣れていないと、全く聞き取れないかもしれません。

 

・・・以上のように、そもそも日本語と英語は発音が全く違います。ですから、当然、日本語の発音のままだと、英語は聞き取れませんし、通じません。

ぜひともシャドーイングで正しい発音を身につけるようにしましょう(^^)

 

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?