シャドーイングおすすめ教材

sponsored link



 

今回、紹介するのは、「決定版英語シャドーイング超入門」という教材です。

 

決定版英語シャドーイング超入門

これは、私が最初に取り組んだ教材です。

同シリーズに「決定版英語シャドーイング 入門」もありますが内容がちょっと難しいので、はじめてシャドーイングに取り組む方は、こちらの「超入門」編の方がおすすめです!

 

良いところ

問題量が多い

収録している問題量が多いです。(全部で72題。)前半は、Hi,how are you?レベルの超簡単な内容からはじまりますが、徐々に難しくなっていき、後半ではVOAニュースやネイティブ生音声に挑戦することになります。前半の部分だけで43題もあり、これだけでも十分なくらいです(^^ゞ

専門家が執筆している

著者の玉井先生は、知る人ぞ知る、シャドーイング研究の第一人者です。数々の学生を指導した経験もあり、その方法論には信頼がおけます。(ちなみに、付属CDには、先生が直接指導している様子も収録されています。)

 

悪いところ

意外と難しい

「超入門」とうたっている割には、意外と難しいです・・・。(前半は簡単なのですが、後半になると音声が長くなり、そこそこ難しいです。)英語力に自信がない方は、後半部分には手をつけず、前半部分(ステージ0と1)だけを繰り返し練習することをおすすめします。

アメリカ英語だけではない

本書はアメリカ英語だけでなく、イギリス英語・オーストラリア英語の音声も含まれています。(後半のステージ2と3)。個人的には、「アメリカ英語だけをシャドーイングする」OR「イギリス英語だけをシャドーイングする」というように統一した方がいいと思うので、ちょっと使いづらい感があります。

 

まとめ

解説がくわしく、しかも練習量が多いので、シャドーイング初心者が最初に取り組む1冊としては、最もふさわしい本 といえます。

特に前半部分(ステージ0と1)は、まさに初心者のための練習素材なので、まずはここをしっかりマスターしましょう。・・後半部分(ステージ3と4)はやや難易度が高いため、慣れるまではやらなくてもいいです。

玉井先生の「英語シャドーイング」シリーズは、「超入門」編→「入門」編→「決定版」編→「映画スター」編 という順でレベルアップしていくため、この本を終えたら「入門」編にチャレンジしてみるといいですね。

【送料無料】 決定版 英語シャドーイング超入門 リスニング力と会話力UP! / 玉井健

 

※他にも良い教材がみつかったら、随時アップしてきます(^^)

 

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?

sponsored link