サイレントシャドーイングとは?

 
サイレントシャドーイングとは、声を出さずにおこなうシャドーイングのことです。

具体的には、(1)口元を多少動かして、口パクする方法 と (2)口元を一切動かさず、頭の中で発音する方法 の2種類があります。

(1)口パクする方法の方が、多少なりとも口を動かすので、学習効果は高いです。しかし、外出先でおこなう場合、周囲から変な目で見られてしまう恐れがあります(^^ゞ

ですから、個人的には(2)口元を一切動かさない方法がおすすめです。

この方法でしたら、電車の中やカフェなど外出先でも気軽にできますからね。いわゆる「ながら学習」としてもピッタリです。

 

「・・でも、頭の中でシャドーイングするだけで効果あるの?」と疑問に思うかもしれません。

 

たしかに、サイレントシャドーイングでは、口を動かさないため、発音力を鍛える効果は薄いです。

しかし、聞こえた音声を頭の中で再現するというプロセスによって、音に集中する力がつきます。

たとえば、聞き流し学習では、なんとなく聞くだけでおわり音声に集中できません。音読では、文字の情報に頼っているので音声に集中できません。

一方、サイレントシャドーイングでは、聞こえてきた音声をそのまま頭の中で再現する必要があるため、とことん音声に集中する必要があります。

この「音への集中力」こそが、リスニング力UPに効果があるわけです。

 

・・・とはいえ、やはり、通常のシャドーイングの方が、全体的な効果は高いです。(声に出すシャドーイングは、リスニング力だけでなく、スピーキング力も鍛えられますから。)

サイレントシャドーイングに慣れたら、声に出すシャドーイングにも挑戦してみるのがよさそうですね(^^)

 

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?