シャドーイングに必要な英語力レベル

 
シャドーイングは英語初級者でもできるか? と言われれば、正直、微妙なところです。

たしかに、「初級者こそシャドーイングをすべき!」という意見もありますが、あれだけ負荷のかかるトレーニングを挫折せずに続けられるか 疑問です。

シャドーイングでは、正確にリスニングしたうえで、さらに真似して発音する、という2つの関門があります。おそらく初級者の場合、発音する以前に聞き取れないことが多いのではないでしょうか。

聞き取れない→発音できない→苦痛になる→挫折

となる可能性大です。

 

そもそも、シャドーイングは、通訳のトレーニングとして採用されているくらいで、上級者向けのトレーニングです。

個人的には、シャドーイングは、英語中級レベル以上の人がさらに英語力を磨くためにするものだと思っています。

英語中級レベルとは、おおよそTOEIC700点~900点です。

このくらいのレベルであれば、基礎的な文法力・単語力・リスニング力が身に付いているはずなので、なんとかシャドーイングをこなせるのではないかと思います。(それでも、最初は難しく感じると思いますが。)

 

 

・・まだ、このレベルまで達していない場合は、基礎的な英語力(文法・単語・リスニング)を身につけてからやった方が効率がいいでしょう。

あるいは、シャドーイングではなく、音読からはじめてみるのもアリです。音読は、自分のペースで声に出せるので、比較的簡単だからです。

慣れてくれば、音声のスピードにあわせて音読してみましょう(=パラレルリーディング)。

音読 → 音声にあわせて音読 → シャドーイング

このように徐々にハードルをあげていけば、最終的にはシャドーイングできるレベルになるはずです(^^)

 

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?