シャドーイングをはじめる前に、発音の勉強をした方がいい!?

 
「シャドーイングを本格的にはじめる前に、英語の発音を勉強しておいた方がいいか?」という疑問について、お答えします。

ズバリ、私の意見は、「した方がいい」です。

 

たしかに、「シャドーイングは、ありのままに音声を再現することで発音を身につけるものだから、わざわざ発音のルールを勉強しなくてよい!」という意見もあります。(この意見には、一定レベルでは賛成します。)

しかし、現実には、たとえネイティブの音声をそっくりそのまま真似して発音したとしても、必ずしもネイティブと同じ発音になるわけではありません。私は、このことを痛いほど経験しています。

 

これは、私がアメリカに行った時の話です。ホットドック・スタンドで「Chili cheese dog,please.(チリチーズドッグをお願いします。)」と言って注文したのですが、店員さんが「??」となって伝わりませんでした。しかも、日本人発音ではなく、ネイティブっぽく発音したつもりなのに!です。こんな簡単な単語すら伝わらないのか、、、とショックでした(^_^;)

後日、ネイティブの友人に聞いてみたのですが、私の場合、「chili」のLの発音が上手くできていないからではないか?ということでした。友人いわく、私のLの発音はRに聞こえるのだそうです。ですから、おそらく店員さんには「chiri」と聞こえていたのでしょう。

 

この経験がきっかけで、私は英語の発音について勉強しました。(具体的には、英語の母音・子音とリエゾンについてです。)特にLとRについては集中的に練習したので、以前よりは発音が良くなったと実感しています。

もし、正しい発音の仕方を知らずにシャドーイングをはじめていれば、LとRなどデタラメな発音のままだったでしょう。いくらシャドーイングをして真似しても、舌の位置や口の開け方を知らなければ、正しい発音をすることは困難だからです。

よく「子供が言葉を覚えるように、聞いて真似して声に出すのが一番よい」といわれますが、日本語が染みついてしまった我々大人がすると、日本語の発音につられて間違った自己流の発音をしてしまうだけです。

やはり、事前知識として、英語の発音の仕方・ルールを知っておく必要があると思います。

 
【追記】

なお、発音を学ぶための教材については、以下のサイトが参考になります。

英語発音教材~比較ランキング~

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?


2014年8月1日 シャドーイングをはじめる前に、発音の勉強をした方がいい!? はコメントを受け付けていません。 実践日記