英語の勉強のコツは、いい加減さ!?

 

最近、私はマンブリングとパラレルリーディングをやっていません。

理由は「シャドーイングに慣れてきたから、やらなくてよい」と思っているからですが、、、、本音としては「面倒くさくなったから」です(笑)

「そんないい加減でいいの!」とつっこまれそうですが(^^ゞ 私の経験上、ちょっといい加減なくらいの方が、英語の勉強が長続きすると思っています。

長く勉強していると、勉強のスタイルが変わっていきます。たとえば、私は自分の声を録音するようにしてから、シャドーイングのやり方を変えています。具体的には、

リスニング → シャドーイング(&録音) → 自分の声を確認 → リスニング → 再びシャドーイング

という感じです。

どうしてもシャドーイングできない場合にかぎり、パラレルリーディングをします。それでもシャドーイングが難しければ、飛ばして後回しにしちゃいます。

 

・・・さらにいえば、そもそも音声の内容が興味のないテーマだったら、飛ばすこともあります(^^ゞ

たしかに、購入した教材であれば、興味のないテーマであろうと、最初のページから順番に取りかかるのが普通です。しかし、私の場合、音声の内容によってシャドーイングをするモチベーションが変わるため、なるべく興味のあるテーマを選ぶようにしています。ですから、私のテキストは、手をつけていない練習問題が散在しています(^^ゞ

 

これを聞いて、「・・・なんだか、いい加減だなあ」と思われたかもしれませんが(笑) 私にとっては、こんな勉強の仕方が非常に心地いいのです(^^)

最初はマニュアルのやり方を参考にするものの、後から「こっちの方がもっと楽しく勉強できる」というやり方が見つかれば、どんどん修正していきます。結果として、ストレスに感じることなく、無理なく英語の学習を続けられています。

 

たしかに、マニュアルに従った方がきちんとした成果をあげられるかもしれませんが、途中で苦痛に感じて投げ出してしまうのでは本末転倒です。

それくらいなら、多少いい加減であっても、自分が楽しく・無理なく・長続きする方法でやった方がいいと思うのです。

これは、シャドーイングだけでなく、英語学習全般にいえることです。

 

英語の勉強が苦痛になった時は、ぜひ思い出してみてください(^^)

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?


2014年3月15日 英語の勉強のコツは、いい加減さ!? はコメントを受け付けていません。 実践日記