イギリス英語をシャドーイングしてみました

 
私は今までアメリカ英語しかシャドーイングしたことがなかったのですが、今回、イギリス英語に初挑戦してみました。

使用した教材は「決定版英語シャドーイング 超入門」のP138~144です。(←この教材自体は前々から使っていたのですが、イギリス英語の音声だけ後回しにしていたのです。)

それで、実際にシャドーイングをして、自分の声を録音して聞いてみると、、、

自分の声がイギリス英語っぽいアクセントになっていました(^^ゞ

 

私は普段はアメリカ英語ひとすじで勉強しているのですが、それでも一発で自分の発音が変わっています。(イントネーションとか、アメリカ英語みたいに巻き舌にならないところ とか(笑))

よく考えれば、シャドーイングというのは音声を忠実に再現する作業ですから、ある意味では当然なのですが、、、それにしても、ちょっと驚きです。

あらためて、発音を真似るためにシャドーイングは抜群の効果があるな~と痛感しました。

 

おそらく、この先イギリス英語ばかりシャドーイングし続ければ、私の話す英語はイギリス人っぽくなるでしょう(笑)

しかし、日本の英語教育はアメリカ英語をベースにしているので、イギリス英語に特化して勉強するのは少々大変です(^_^;) 実際、市販の教材のほとんどはアメリカ英語ですからね~。(残念ながら、イギリス英語だけのシャドーイング教材はありません。)

それに、私の過去の英語の先生は全員アメリカ人でしたので、やはりアメリカ英語の方が慣れ親しんだ感があります。

というわけで、これからも引き続き、アメリカ英語中心でシャドーイングすると思います(^^ゞ

 

・・・でも、たまにイギリス英語でシャドーイングすると、新たな発見(米語との違いなど)がみつかって面白いですけどね!

 

PS シャドーイングするうえでの注意点(米語OR英語)

シャドーイングする際は、「イギリス英語だけ!」OR「アメリカ英語だけ!」というように音声素材を統一した方がいいと思います。アメリカ英語とイギリス英語では発音・イントネーションが違うので、両方やっていると、頭が混乱します(^_^;) どちらか一方に絞った方が、効率よく発音を身につけられるのではないでしょうか。

 

PPS イギリス英語の音声素材おすすめ

BBCの学習サイト http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?