シャドーイングの時に自分の声を録音してみました

 
以前から、シャドーイングする時、リスニング音声が自分の声でかき消されて、聞こえずらいな~と思っていました。

そこで、ヘッドホンを使ってみたのです。

「これで効果あり!」と思いきや、、、あまり変わりません(^_^;) 聞こえずらいです。たぶん、私のヘッドホンが安物だからでしょう(笑) そこそこ値段のする「密着型ヘッドホン」であれば、外部の音(=自分の声)を遮断できて、音声に集中できると思います。

 

・・・ん?待てよ。よく考えたら、自分の声が全く聞こえなかったら、「どこが発音できていないか」チェックできないのでは? とふと疑問になりました。

たしかに、ヘッドホンを使うとリスニング音声に集中できるでしょうが、自分の声が全く聞こえないとなると、発音チェックができないので、それはそれで困ります。

まさに、ジレンマですね・・。

 

そこで、思いついたのが、シャドーイングの時に自分の声を録音してみる、という作戦です。

自分の声をマイクで録音しておけば、あとで聞き返して「どこが発音できていないか」が一発でわかります。いちいちシャドーイングの最中に自分の声を聞く必要はないわけです。

特にマイク付きのヘッドホン(=ヘッドセット)を使えば、音声にも集中できるので、効果はありそうです。

 

~自分の声をPCに録音する方法~

(1)まず、ヘッドセットを用意します。

(2)パソコン側で「マイクのセットアップ」をおこないます。

(3)windows付属の「サウンドレコーダー」という録音機能を使います。※スタートメニュー画面に「サウンドレコーダー」と入力すれば見つかります。

(4)「録音の開始」ボタンを押せば、録音がスタートします。

(5)録音が終わったら、ファイルを「保存」すればOKです。※忘れないように、保存場所を確認しておきましょう。

 

実際に、この方法で自分の声を録音してみました。

すごくイイです!

最初は、自分で自分の声を聞くことが恥ずかしくて、抵抗があったのですが、いざやってみると「どこが発音できていないのか」ハッキリわかるので、学習効率がすごく上がります!

また、自分の声が録音されることで緊張感が生まれ、いつもより集中してシャドーイングできました。

 

しばらく、この方法でシャドーイングを続けてみます(^^)

PS

シャドーイングをする以前にリスニング力に自信がない方は、こちらを参考にしてみてください。

    ↓↓↓


>>2週間後に字幕なしで洋画を見る方法とは?